スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

YES

久々にGyaOのRock映像ネタです。

GyaOの洋楽ページは、余りに大人気だったので、管理人のひねくれ魂を刺激して紹介できなかったMadonna特集が終わって、新しく映像が届いた(といっても過去のアルバム「キー・オブ・ライフ」の制作過程ドキュメント)Stevie Wonderと、再掲載の(といっても前回とは違うLiveみたい)Queenに、人気が推移してきているみたいです。

確かに、これらのアーティストも素晴らしいのですが、2月16日まで、後1週間足らずしか掲載期間がないこのバンドのLiveを観ることを、あえてお薦めしたい。
YES」(クリックでGyaOページにリンク)


【“YES”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:GyaO - ジャンル:音楽

2009.02.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Singing in the rain

早出で早帰りの予定が、人手少なすぎて仕事頼まれ、早出遅帰りに?(泣)。
良い事なしやん…。

遅帰りになったおかげで、通り雨に降られる?(泣)。
あの時帰れていれば…。

帰宅した途端、通り雨申し合わせたかのように止む?(泣)。
狙い撃ち…?

なんか今日に限って替えのズボンが無いらしい?(泣)。
明日どうしろと…。

そうなのです。悪いことは重なるものなのです…。
なぜなら、人生は基本的に同じことの繰り返しでできてるからです。
タイミングというのは怖いもので、一つの歯車が狂えば、全ての要素が上手くいかなくなっているのです(泣)。

強引に頼みを断って帰っていれば、早く帰れる→雨に降られない→ズボンのことなど気にしなくて済む、と全ての歯車が噛み合って、平凡に一日が過ぎたのに…。

でも、逆に言えば、平凡というのは予定が全て上手くいっている状態なのですから、一種の奇跡。
上手くいかない日があって当然というものですね。

という訳で今日はこういう日でしたorz。

こういうムシャクシャしたときはRockに限る!


【“Singing in the rain”の続きを読む】

テーマ:GyaO - ジャンル:音楽

2008.08.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ROCKET MAN

第2弾に行く前に取り上げたかったんですが、GyaOで「Elton John」が、ベストアルバムの「Rocket Man」発売に便乗してに違いないですが、特集を組まれています。


【“ROCKET MAN”の続きを読む】

テーマ:GyaO - ジャンル:音楽

2007.05.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

The Police

またまたGyaOでアーティストの特集が組まれておりました。
The Police(クリックでリンク)
しかし当時のこういうPVを見てると、Rockバンドにしては珍しく(?・笑)全く不良臭のしない爽やかバンドやなあ?、と思う。
若いStingカッコええ?!
ジャズ×プログレ×(パンク+レゲエ)÷3みたいな音楽性。3人組のバンドの中では、もしかしたら一番好きなバンドなのかもしれません。当然、音の厚みは薄くなるはずなのに、そこが逆にたまらなくシャープ&クールに聴こえるから凄いわあ。

今回聴けるのはこの4曲。
1. De Do Do Do, De Da Da Da
2. Don't Stand So Close To Me
3. Every Little Thing She Does Is Magic
4. Roxanne
1曲目はそんなに好きな曲ではないのだけど、後半になってくるとやはりもうね。曲が進むほど良い曲が。凄い。特に4. Roxanneは本当に名曲です。


テーマ:The Police - ジャンル:音楽

2007.03.03 | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

LOU REED

以前「COVER PAINTING BANANA」の記事で紹介した、あの「The Velvet Underground & Nico(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ)」のリーダーだったLOU REED(クリックでリンク)の、GyaOで見つけたLIVE映像。

少人数で静かでリラックスした雰囲気の、すっごい良いLIVEなんで、ぜひ観て欲しい!人によっては曲の好き嫌いはあるでしょうが、このLIVE自体は本当に良いです。
演奏もアコースティックでとても良いですし。ボーカル以外。(LOU REEDに声を求めてはいけません。笑)
馬鹿騒ぎもいいんだけれど、それよりかは、こんなじっくり音を愉しむようなLIVEに浸りたいなあ。

(?)ゲイでサドでマゾでジャンキーのLOU REED、今は落ち着いたカッコ良いおっさんになっているようです。

テーマ:GyaO - ジャンル:音楽

2007.02.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

BORN TO BOOGIE

いつものGyaOの映像系ネタです。10月16日までらしい。

あの浦沢直樹の「20世紀少年」の下敷きである名曲、「20th Century Boy」を生んだ
T?REX」の「Born To Boogie」(クリックでリンク)。
グラムロックの先駆けとはいえ、ヴギを基調としたPOPな音楽性は、基本的に日本人の好みなはずで、日本では割と有名な人達。
何気にこの映像作品、あの元BeatlesのドラマーRingo Starrの監督によるもので、B級Rockフィルムとしても楽しめます。
途中、もしかしたらそうかな?と思ってたら、ドラマーのRingoはもとより、最後のクレジットによると、なんとキーボードでElton Johnまで出演しててビックリしました。
Marc Bolanがもう少し長生きしてくれてれば、グラムロックも面白い方向に進化したやろうなあ、とか思いますね。

テーマ:GyaO - ジャンル:音楽

2005.12.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

THE BEACH BOYS

GyaOで、前バージョンのHP「Be通るs」の頃から記事で御紹介していた、僕の大好きな
神経衰弱天才作曲家Brian Wilson(クリックで詳細)が音楽的リーダーだったバンド
THE BEACH BOYS」が、登場です。

しっかし、60年代は、メロディのBeatles、リズムのStones、ハーモニーのBeach Boysとはよく言ったもので、声の重なり、ベースラインとの重なり、メチャクチャ綺麗。天才的なハーモニーセンスだなあ…。

テーマ:GyaO - ジャンル:音楽

2005.11.20 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

THE BAND

とうとう岸和田山手のだんぢり祭りが始まりました?。

こういう周りがめでたそうなときには、個人的なショックは響きますねェ。そして、そういう時には渋?いRockを聴くのが一番。

かのフォークロックの創始者、ボブ=ディランのバックバンド。その名も、

THE BAND !!(クリックでリンク)

まんまやんっ!!って突っ込んだ人沢山いそうですが、まんまTHE BANDと名乗るだけある素晴らしいバンド。
(英語でThe?っていうのは「皆さんご存知の」っていう意味もある定冠詞で、うんたらかんたら…)

70年代当時、メンバー全員20代前半で見た目老け老けという貫禄っぷり。バックバンド出身らしく、確かに見た目に花はありませんが、渋々でステッキーな音楽性を具えてます。
是非是非紹介しときたい!!

テーマ:GyaO - ジャンル:音楽

2005.10.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Roots、Rock、Reggae?♪

またまた紹介したいアーティストのLive映像がGyaOに!!

Reggeの神様、Bob Marley!! Rockじゃないやん!と言われればそうですが、どうしてもこの人だけは紹介せねばッ!
Reggeというジャマイカ1国の伝統的?音楽を、白人Rock音楽に混ぜ合わせ、世界的に需要のある音楽に作り上げた最大の功労者です。
一説によれば、Beatlesの音楽と共に、人種や世代を超えて普遍的に好まれる点において、最も優れた音楽とも言われてます。
このリストの中では、みんな好きですけど、特にEric Claptonのカバーで有名になった「I SHOT THE SHERIFF」や、「CONCRETE JUNGLE」、「AFRICA UNITE」、最もRock的な「EXODUS」、「JAMMING」、「IS THIS LOVE」、これもまた有名な「STIR IT UP」、「GET UP, STAND UP」なんかが好きな曲です。


【“Roots、Rock、Reggae?♪”の続きを読む】

テーマ:bob marley - ジャンル:音楽

2005.09.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Ray

映画行ってきました。「Ray」、面白かったですよ?。

今、GyaOで「LIVE IN CONCERT」(クリックでリンク)を公開中の、RAY CHARLESの伝記物の映画で「Ray」な訳ですが、「盲目」の天才の名前が、「光(光線)」の意味の「Ray」というのは、映画タイトル栄えする事実ですな?。


【“Ray”の続きを読む】

テーマ:映画音楽 - ジャンル:音楽

2005.02.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Indiana Gmhenson Jr.

Author:Indiana Gmhenson Jr.
ようこそ「Be通り」へ。
ここは、管理人もどきの
Indiana Gmhenson Jr.
が、高校生の頃夢中になったBeatlesから、これまでに触れてきたRockを中心に、同じようなRockに夢中

コンテンツ

LINK

    カレンダー

    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2ブログランキング

    FC2ブログランキング

    カウンター

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。