スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

The Concert for Bangladesh

元BeatlesのギタリストGeorge Harrison発案による「The Concert for Bangladesh」(クリックでリンク)のドキュメンタリー映像。

チャリティコンサートの先駆けであるこのLive、出演アーティストがやばい。Ravi Shankar、Bob Dylan、Eric Clapton、Ringo Starr、Leon Russell、Billy Preston…、なんですかこの豪華すぎるメンツは…。
元BeatlesのくせにJohnとPaulの陰に隠れ、控えめな人柄に惹かれるのか、Georgeの人脈は化け物か!


【“The Concert for Bangladesh”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:The Beatles - ジャンル:音楽

2008.12.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Memory Almost Full

Paul McCartneyのNewアルバム「Memory Almost Full」が届きました?。

すげえなあ…あの歳でこの制作意欲。前作から2年しか経ってないよ。
-追憶の彼方に-」なんてたいそうな訳で邦題がついてるから、商業用としてはラストアルバムか?なんて勘繰りましたが、GyaOの「Documentary」で語っているPaulによると「携帯電話とかのメモリーが、気付けばいっぱいになってるような日常の風景」を、「思い出で一杯」っていうのにひっかけて書きたかったみたいですね。それを「追憶の彼方」ってなあ…>タイトルつけた人。
まんだまだやる気満々ですよこの方。


【“Memory Almost Full”の続きを読む】

テーマ:ビートルズ関連 - ジャンル:音楽

2007.06.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

PAUL IS LIVE

GyaOで、元Beatlesのメロディメイカー、PAUL McCARTNEYのLive、その名もまんま、
PAUL IS LIVE」が、9月1日まで観られます。

PAUL McCARTNEYのLiveに関しては、特別な思い入れがあるので、皆様にもどうか観て欲しいなあ?と思うものではあります。ここでリンクのLiveも、特に後半やばいぐらいの名曲揃い。

続きを読む」に、今回のGyaOへリンクしたLiveとは違いますが、PAUL McCARTNEYのLive体験記も合わせて、以前のHP「Be通るs」に掲載した「僕にとってのHERO=The Beatles」を載せておきます。
長い文章ですが、読んでくださったら、どうして管理人はBeatlesが好きなのか、PAUL McCARTNEYのLiveに特別な思い入れがあるのか、分かっていただけるかなあ?と思います。


【“PAUL IS LIVE”の続きを読む】

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2006.08.16 | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

My Favorite Beatles Songs Best20

Rock何でもBest10を挙げてみようとしたこの企画。
まずはThe Beatlesから挙げてかないと始まりません。
正直言いますと、名曲しかないのにBest10なんか選べるわけないだろっ!!ってのが本音で、絞りに絞りまくってBest20
初っ端から例外ですいません。

人生初ライブがポールだったこともあって、The Beatlesで好きな曲ベスト20は、


【“My Favorite Beatles Songs Best20”の続きを読む】

テーマ:The Beatles - ジャンル:音楽

2006.01.23 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

それはビートルズから始まった

Rockファンというか、ビートルズファンなら紹介しとかねば。

それはビートルズから始まった

ビートルズを中心とする60'sミュージシャンたちの作品は、社会状況と密接に関わりあい、大きなムーヴメントを作っていった…。
70年代前半に製作されたドキュメンタリー作品ならではのリアルな60年代回顧録。インタビューや秘蔵映像が満載です。

60年代、イギリス労働者階級から生まれた若者文化。彼らを突き動かしていたのは、理不尽に抑圧された衝動だった。それはアメリカで熱狂的に迎えられ、やがて公民権運動、女性解放運動、反ベトナム運動などの社会運動と結び付いていく。プロモーションビデオがまだない時代の秘蔵映像は、今もカバーされ続ける名曲揃い。現代のアーティストたちがリスペクトする60年代音楽シーンは、当時を知らない世代にも新鮮な感動を与え続ける。


…以上ほぼGyaOのコピペでした。10月19日までらしい。

当初、GyaOでは、音楽チャンネルではなく「世界Z級映画」という謎の映画チャンネルに入っていたこの番組、1960年代のイギリス、アメリカ史に興味ある人も必見…?

テーマ:The Beatles - ジャンル:音楽

2005.09.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Indiana Gmhenson Jr.

Author:Indiana Gmhenson Jr.
ようこそ「Be通り」へ。
ここは、管理人もどきの
Indiana Gmhenson Jr.
が、高校生の頃夢中になったBeatlesから、これまでに触れてきたRockを中心に、同じようなRockに夢中

コンテンツ

LINK

    カレンダー

    06 ≪│2017/07│≫ 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2ブログランキング

    FC2ブログランキング

    カウンター

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。