スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

群青

8月1日に「群青」発売ということで(クリックでYahoo!動画のページへ。8月22日まで。)今年4月に発売されたシングルの「ルキンフォー」、今頃中古で購入して聴いてます。

新曲「群青」は、一聴した印象としては…普通にイイ曲かな?ぐらい。LIVEやりまくりな訳で、演奏力は確実に跳ね上がっていってはいるんですが。


なんというか、この2年ぐらいのバンドの方向性が「原点回帰」なのよね。しかも、「爽やかで優しい」っていう、スピッツへの一般的イメージへの。スピッツの原点はアルバム1作目の「スピッツ」だと思っているファンとしては複雑な気持ち。まあ、あのアルバムは、誰にも真似できない個性と、若い感性に充ちてて、草野さんも「2度と書けない」と言っている通り、本当に奇跡のような1枚でしたけど…。

去年のシングル「魔法のコトバ」の良曲ぶりが際立っていることもあって、今年になってからのシングル聴いてると、「原点回帰」というより、現状への「停滞」を感じてしまいました。

僕がスピッツファンである一つの要素として、確実に進化している点があります。アルバム1作ごとに確実に前進するのよね、彼ら。11作目「スーベニア」は、三日月ロックの踏襲、っていう感じもしました(それはそれで良作でした)が、少なくとも10作目の「三日月ロック」までは必ず、聴く度に新しいアプローチを加えてくれました。
もうちょい、ある意味普段着の「冒険心」を出して欲しいです。シングルがこのままの調子だと、今度のアルバムどうなってしまうんだろう…。
斬新さが欲しい。いつものひねくれ具合が全然足りないよ?。




スポンサーサイト

テーマ:スピッツを語る。 - ジャンル:音楽

2007.07.27 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Indiana Gmhenson Jr.

Author:Indiana Gmhenson Jr.
ようこそ「Be通り」へ。
ここは、管理人もどきの
Indiana Gmhenson Jr.
が、高校生の頃夢中になったBeatlesから、これまでに触れてきたRockを中心に、同じようなRockに夢中

コンテンツ

LINK

    カレンダー

    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2ブログランキング

    FC2ブログランキング

    カウンター

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。