スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Led Zeppelin

Robert Plant(ロバート・プラント)、Jimmy Page(ジミー・ペイジ)、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)というオリジナル・メンバーに、すでに故人であるドラムのJohn Bonham(ジョン・ボーナム)に代わって、その息子であるジェイソン・ボーナムを加えたメンバーで、一夜限りの再結成ライヴを行ったLed Zeppelin。
今日、どれだけロンドンのO2アリーナに行きたかったことか…。

Yahoo!動画で過去のLIVE映像(クリックでリンク)で見る機会があったのですが、管理人がLed Zeppelinで1番好きな曲「Misty Mountain Hop」もありました。
名曲だと思いますし、実際アメリカのレーベルが勝手に発売した(ご存知の方もおられるでしょうが、Led Zeppelinは本国では基本的にシングルは出してません。アルバムだけで十分ライブ集客できたので、代表曲を作る必要がなかった。)シングルのB面にもなってた曲なんですが、どういう訳かカラオケでは配信されていないせいで歌えないので満足満足。


しかし、ロバート・プラントのエロさにはビビりました。胸板は薄く、腹筋はなめらか、筋肉0でひょろひょろの上半身をはだけさせて、脚は細長くてお尻と腰だけふっくらの下半身を持つ美少女体型(笑)。それでいて、あの奇跡的な音量でのダミ声。このパフォーマンスされたら、そりゃあ熱狂を生むわぁ。
そして、ボンゾ(ジョン・ボーナムのことですよ)のドラミングはホント最高だなあ。ジミー・ペイジのギターは、明らかにボンゾのリズムについていけずにズレてるんですが、間にジョン・ポール・ジョーンズのベースを挟んで絡むと、その粗さが野性味というか、興奮を煽るリズムになって押し寄せてくる感じ?ドラムで興奮煽っといて、ジミーの下手くそなくせに細かくテクろうとするギターがかぶさる。そしてベースは裏方でその橋を渡して締める。
なんていうか、これほど野性味を保ちながら、その中に才気ばった美しい音楽性を感じるバンドはそうはないんだよなあ。暴走するインテリジェンスこそLed Zeppelinの醍醐味だと思います。

とりあえず、再結成にかこつけてCDが発売されているので、こちらを置いておきます。


スポンサーサイト

テーマ:LED ZEPPELIN - ジャンル:音楽

2007.12.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Indiana Gmhenson Jr.

Author:Indiana Gmhenson Jr.
ようこそ「Be通り」へ。
ここは、管理人もどきの
Indiana Gmhenson Jr.
が、高校生の頃夢中になったBeatlesから、これまでに触れてきたRockを中心に、同じようなRockに夢中

コンテンツ

LINK

    カレンダー

    08 ≪│2017/09│≫ 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2ブログランキング

    FC2ブログランキング

    カウンター

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。